太陽光発電とは? ~ 補助金制度について

太陽光発電とは?太陽光発電とは、皆様ご存知のように、太陽の光を利用した発電のことです。1980年、太陽光発電導入支援が始まってからも、専門家の感心の高い分野でしたが、2011年の震災以降、特にエネルギーの在り方について注目され、その魅力や利点について見直す人が増えました。

発電の際に二酸化炭素や有害物質の排出がないこと、未来永劫枯渇する心配がないことが大きな特徴です。また、ソーラーパネルの品質の上昇とコストダウンにより、一般家庭の導入も年々容易になってまいりました。また導入の際は国と市(または地方自治体)からの補助金制度の使用することで、より費用を抑えた導入が可能になります。

太陽光発電のメリット

 国と市町村からの助成金制度の利用ができます 
太陽光発電とは?戦略策定に先駆け、国では住宅に太陽光発電導入を促す狙いから、補助金制度を2009年4月から適用を開始しました。一定の条件を満たすシステム設置に対して、出力1キロワットあたり7万円の補助金を支給する仕組みです。国の制度と並行する形で、都道府県や区市町村でも補助金制度を適用する動きが見られます。

⇒詳しくは新潟県の住宅用太陽光発電関する補助金について(外部サイト:環境ビジネスオンライン)へ。


 光熱費の大幅な削減ができます 
太陽光発電+オール電化でこんなにお得!

太陽光発電は、電気を使用していない間も日照がある限りは発電され続けます。その間使われていない電気は、電力会社に買い取ってもらえます。
また、オール電化ど同時に導入いたしますと、光熱費を一本化できるだけでなく、作った電気を光熱費をそのまま給湯や暖房に使用することができ、トータルで光熱費を大幅に抑えることができます。

※グラフはあるご家庭の実際の光熱費から算出した一例です。


 温暖化対策と地球環境へ貢献できます 
環境にやさしい太陽光発電毎日のちょっとした配慮で地球温暖化を抑制しましょう。

先進各国の地球温暖化防止会議により、日本は2010年までにCO2を6%削減へ。その具体策として国も奨励しているのが、太陽光発電です。住宅の電気を手づくりする太陽光発電は、地球環境に配慮したエネルギーです。

現在の電気の使用状況がわかる「カラー電力モニタ」の省エネナビ機能を使えば、消費電力のペースを確認することができます。家族みんなが楽しみながら節電することができるので、省エネへの関心も高まることでしょう。


 停電時も日照があれば電気を使用できます。 
停電時も太陽光発電ならあんしん!地震や台風などの災害により長期間停電になった場合でも、自動的に自立運転モードに切り替わり、「自立運転専用コンセント」からモジュールで作られた電気を直接使用することができます。

つまり、日のある昼間の停電であれば、普段と変わりなく電気を使用することができるということです。

(ドライヤーや電子レンジなどの電力の消費量が多いものは、発電量により対応しきれない場合があります)

お問い合わせ・資料請求は無料です。お気軽にお電話ください。

Copyright(c) 2013 - 2019 Dainichi Eco-Smile Hanbai Co. All Rights Reserved.